帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛

帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛はこんな病気です

  • 子供の時にかかる水ぼうそうと同じウイルス(ヘルペスウイルス)が原因です。
  • 水ぼうそうが治った後、このウイルスは脊髄にある神経節に潜伏しています。普段は顔をださないのですが、疲れたときや抵抗力が落ちたときに暴れ出し帯状疱疹が発症します。
  • 体の右か左のどちらか一方に、おび状(ベルト状)に痛みと赤いブツブツがでるのが特徴です。
  • 治療により10日〜2週間でよくなりますが、一部の方は痛みがしばらく続く場合があり、これを帯状疱疹後神経痛と呼んでいます。
  • 頭痛があったり、まれですが目の症状や麻痺が見られることがあります。その場合は当院の神経内科も受診していただきます。
  • 帯状疱疹は顔や体の左右いずれか片方に強い痛みがあるのが特徴です。→ブログ

帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛の治療法

細胞の中で増えているヘルペスウイルスを殺す薬を飲んでいただきます。
症状が出てからなるべく早く服用することが大切です。
痛みに対しては痛み止めを処方します。
帯状疱疹後神経痛に対しては、リリカやトラムセットという新しい薬を使用します。→ブログ

帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛の日常のケア

帯状疱疹は疲れた時に出て来ることが多いので,休養を取るようにして下さい。
入浴は大丈夫ですが、こすらないように気をつけて下さい。また、タオルは他の人と共有しないで下さい。
アルコールは炎症をひどくすることがあるので、控えて下さい。
痛いときは冷やさないで,むしろ心地よい程度に暖めた方が痛みが和らぎます。

帯状疱疹 Q&A

帯状疱疹の治療で多く寄せられる質問にお答えします。

Q:帯状疱疹は人にうつりますか?

A:水ぶくれの中にウイルスがたくさんいるので、水ぼうそうにかかったことのない人には、直接の接触やタオルなどを介して水ぼうそうとしてうつります。唾液中にもウイルスが少しいる可能性があるので、小さい子供や妊婦との接触は、水ぶくれがカサブタになるまでは避けて下さい。

Q:痛みだけで、水ぶくれが出ていない時に治療はできますか?

A:帯状疱疹の診断は水ぶくれが出ないと確実にはできません。しかし痛みのみで帯状疱疹が強く疑われる時は、抗ウイルス剤を水ぶくれが出る前に使う場合があります。診察時にご相談下さい。

Q:帯状疱疹は目にも症状が出ますか?

A:鼻に水ぶくれが出ている場合、結膜炎や角膜炎などの目の症状が出やすいと言われています。

Q:帯状疱疹で顔面神経麻痺になりますか?

A:耳に水ぶくれが生じた場合、顔面神経麻痺やめまいを伴うことが多くハント症候群と呼ばれています。早期にステロイド薬の内服や点滴が必要です。

乾癬、掌蹠膿疱症
あざ、白斑

健診、予防接種

子供皮ふ科相談室


Google+

LINE