手荒れ

手荒れはこんな病気です

  • 手に赤みや小さな水ぶくれができ、皮(かわ)がむけカサカサしてきます。治療せずに放置すると皮膚がガサガサと厚くなり、切れて痛くなります。
  • 小さいときにアトピー性皮膚炎だった方、冬になると皮膚が乾燥する方になりやすいことがわかっています。
  • 手をよく使う方(主婦、美理容師、飲食業、作業従事者、医療関係者など)に多く生じます。
  • 主な原因は洗剤、石けん、シャンプー、消毒液からの刺激です。
  • 金属、ゴム類、草花、仕事に関連した物質などでかぶれることもあります。疑われる場合パッチテストを行い原因を調べます。

手荒れの治療法

まず、各自の手の症状が悪くなる原因を極力避けるようにして下さい。その上で、皮膚症状の程度に合わせたステロイドのぬり薬を使います。
乾燥症状が目立つ場合は保湿剤を併用します。
切れて痛い場合はシール状の貼り薬で保護します。
上記の治療で改善が乏しい、あるいは仕事上どうしても刺激を避けることができず良くならない場合は紫外線治療を試みます。

しもやけの日常のケア

洗剤使用時にゴム手袋で手を保護する、石けんを使った手洗い回数を減らすなど、手への負担を少なくする工夫を行って下さい。
乾燥肌の方は日頃から保湿剤をたっぷり使うようにして下さい。
少しでも荒れた皮膚は健康な皮膚に比べ敏感になっています。手荒れが軽いからといって放置したり、市販の保湿剤でごまかしていると悪化するので、早めに治療することをお勧めします。
切れて痛いところに絆創膏を貼ると、周囲の皮膚が蒸れて感染の原因になるのでやめて下さい。

手荒れ Q&A

手荒れの治療で寄せられる質問にお答えします。

Q:仕事や家事をやめると良くなるのは分かっているのですが、仕事なのでやめられず手荒れもよくなりません。どうしたらいいですか?

A:仕事や家事が原因の手荒れは治りにくい病気の1つです。ただ完治しないからといって治療をやめるとジュクジュクしてきたり、皮膚が切れて痛くなります。したがって、薬をしっかり使い、極力原因を避けるように工夫しながら治療を続けていくのが良いと思います。治りにくい場合は紫外線治療を試みると改善する場合があります。

Q:手のかわむけがひどく水虫が心配です。

A:手のかわを少し取って顕微鏡で調べると水虫かどうかすぐにわかります。一度受診して下さい。

Q:子供で水仕事などなにもしていないのに手が荒れてきます。どうしてですか?

A:アトピー性皮膚炎の場合は手が荒れますし、手洗いの仕方が問題なのかもしれません。また、手荒れではなく異汗性湿疹という病気かもしれません。いずれにしても専門医での診察をうけて診断をはっきりさせた方が良いでしょう。

Q:手荒れもありますが、爪も変形してきました。大丈夫でしょうか。

A:爪の周りに手荒れがあると爪も変形してきます。水虫などの他の病気を除外した上で、爪の周りにもきちんと薬を付ける必要があります。一度爪が変形すると生え替わるまで改善しないので、半年以上治療を続ける必要があります。

乾癬、掌蹠膿疱症
あざ、白斑

健診、予防接種

子供皮ふ科相談室


Google+

LINE