水イボ(水いぼ、伝染性軟属腫 なんぞくしゅ)

白崎医院では、痛みが少ない水イボ治療を心がけています。
痛くて治療を躊躇している場合は若先生の診察日にご来院ください。

水イボ(水いぼ、伝染性軟属腫-なんぞくしゅ)とは・・・

  • 水いぼは、ウイルスによる病気で、子供のありふれた皮膚病の1つです。
  • 直径数ミリのみずみずしいブツブツがみられます。
  • 強くかいたりすると、水イボウイルスの白い塊が出て、周りの皮膚に広がります。
  • 水イボに直接触れること、タオルなどを介して他人にもうつります。フロの水を介してうつることはありません。
  • 接触してもすぐに水いぼが出来るわけではなく、目に見えるようになるまでには数週間かかります。
  • 乾燥肌を持つ子供に多くできます。
  • 半年から2年程で自然に治ることもありますが、その間水イボは広がります。

水イボ(水いぼ、伝染性軟属腫-なんぞくしゅ)の治療

皮膚の乾燥(かさかさ)がある場合

まず乾燥を治す治療を行います。
乾燥肌になると鳥肌のように皮膚がブツブツになり、水イボと区別が難しくなります。また、乾燥肌を改善させることにより水イボが広がりにくくなります。

水イボの数が10個以下の場合や早く治して欲しい場合

つまんで取ります(これが基本です)。
中の芯だけ取り出せば痛みは少ないですが、暴れると痛みが強くなります。

水イボの数が多く、つまんで取る痛みが我慢できない場合

1.痛み止めのデープを使う

痛み止めのテープを貼って2時間後につまんで取ります。顔や陰部の水イボはこの方法で取っています。つまむ時の恐怖心で痛がる場合がありますが、痛み止めテープを使わない場合に比べて、痛みはかなり軽減されます。当院では主にこの方法を行っています。

2.40%硝酸銀ペースト

皮膚をウイルスごと腐らせて取る方法です。爪楊枝の先に硝酸銀ペーストを付けて、それを水イボにぬります。乾くまで数分待って頂き、そのまま帰宅してもらいます。だんだん黒くなってきて、皮膚から脱落します。周りの皮膚に硝酸銀がついた場合、その部分が黒くなることがあります。子供によってはぴりぴりとした痛みや痒みを感じる場合があります

3. スピール膏(サリチル酸絆創膏)

小さく切ったスピール膏をテープで貼り付けます。2日ごとにはり替えて、1週間程度続けます。もう1週間ほど様子をみて、取れなかった場合はこれを繰り返します。スピール膏を大きくはると周囲の皮膚もふやけますし、元々乾燥肌の子供が多いので、テープでかぶれる場合もあります。

4.イソジン液外用

イソジンは皮膚の消毒薬です。これをフロ上がりにベビー綿棒で水イボに1個につき数回ぬります。最初は変化がありませんが、ぬっていくうちに茶色になり、そのうちに脱落します。数が多いと時間がかかり根気のいる治療法です。

いずれの方法も、最初は数個から初めて慣れて頂き、徐々に取る数を増やしていきますので、通院が必要です。
お子さんとその親にとってためになる皮ふの情報をLINEを通じてお伝えします。
乾癬、掌蹠膿疱症
あざ、白斑

健診、予防接種

子供皮ふ科相談室


Google+

LINE