しもやけ

しもやけはこんな病気です

  • 気温が45℃、日内気温差が10℃以上の冬に、手足や耳、頬などの皮膚が寒冷により赤くなる病気で、ひどくなると水ぶくれや傷ができます。
  • 急に暖かい部屋に入った時などにかゆみが生じます。
  • 子供や女性に多く、しばしば家族にしもやけになりやすい方がいます。
  • 寒冷に加えて汗の水分で悪くなることもあります。

しもやけの治療法

  • ビタミンEや血管を広げる飲み薬やぬり薬を使います
  • 血流を良くする漢方薬を併用する場合もあります。
  • 症状がひどい場合はステロイドの飲み薬を短期的に使うこともあります。

しもやけの日常のケア

保温に努めて下さい。症状が出ている部位だけでなく、体全体を暖めるようにして下さい。
汗が原因の場合は汗をなるべく早く拭き取るようにして下さい。日中に靴下を一度替えるのも有用です。
ゆっくりお風呂に入り、マッサージして血流を促すようにして下さい。

しもやけ Q&A

しもやけの治療で寄せられる質問にお答えします。

Q:しもやけが治りにくいのですが、どうしたらよいでしょうか。

A:上記の治療やケアをしても治りにくい場合は、一度血液検査をすることをお勧めします。全身性エリテマトーデスや強皮症などの膠原病ではしもやけに似た症状が出る場合があります。これらの病気は血液検査で判断できます。

Q:毎年しもやけを繰り返します。何か予防できることはありませんか?

A:寒くなる前からビタミンEなどを飲むと、しもやけを軽く出来る場合があります。もちろん早めの保温対策も重要です。 

乾癬、掌蹠膿疱症
あざ、白斑

健診、予防接種

子供皮ふ科相談室


Google+

LINE