にきび

にきびについて

にきびに悩む女性

多くの人のにきびには、(1)コメド(2)赤色にきび(3)化膿したにきび混在しています
当院では中心となるにきびの症状を見極め、さらに肌質(脂性肌、中間肌、乾燥肌)を考慮に入れて治療を行っています。

通常は、まず保険診療で行えるにきび治療を2~4週間行います。効果が少ない、あるいはもう少しよくしたいという希望に合わせて、自費の治療やホームケアを組み合わせていきます。

(1) 白色や黒色の小さなにきび(コメドやめんぽうと呼ばれているものです)

白色や黒色の小さなにきび

毛穴が皮脂(皮膚のあぶら)、乾燥肌、古い角質、化粧品などでふさがれて生じます。 
皮脂の増加は男性ホルモン(女性でも分泌されています)が関係しています。ストレスがたまった時や生理後に悪化するのは、男性ホルモンが増えるためと考えられています。

(2) 赤色のにきび

赤色のにきび

皮脂が好きなニキビ菌が毛穴の中で増えると、にきびが赤くなってきます。赤いにきびは早く治療しないと、あとが残る原因になります。

(3) うんだ黄色のにきび

うんだ黄色のにきび

ニキビ菌を殺そうと体が反応すると、にきびの先端にうみがたまるようになります。この状態が長く続くと、健康な皮膚も障害されるので、皮膚が小さくへこんだり、シミになったりする場合があります。

にきびの治療法

(1)コメドが中心のにきび

コメド圧出:黒色コメドは専用のピンセットで取り出します。

ケミカルピーリング:グリコール酸やサリチル酸などのフルーツ酸を皮膚にぬることで、古い角層を剥離させ皮脂の排出を促すことで、にきびを改善させる治療法です。一般の皮膚科で行われる抗生物質の飲み薬やぬり薬で効果がない場合、行ってみると良い治療法です。(自由診療)

トレチノイン(ビタミンA)外用:トレチノインは角質を剥離したり皮脂の分泌を抑える薬です。
海外では良く使われていますが、日本ではまだ発売されていないので、当院で調合しています。人によっては赤くなったり、皮膚が多くむけすぎたりする副作用がありますが、コメドには最も効果的な薬だと考えられています。妊娠中の方はトレチノインを使用できませんのでご注意下さい。(自由診療)

フルーツ酸入り石鹸:自宅での洗顔にお使い下さい。(自由診療)

ビタミンB2, B6内服:皮脂の分泌を抑えます。

(2)コメド+赤色にきび、うんだにきび

抗生物質の飲み薬:クラリス、ルリッド、ミノマイシンなどニキビ菌の活動を抑える飲み薬を使用して頂きます。改善すれば、飲む量を減らして続けることが効果的です(定期的な血液検査が必要になります)。赤色にきびを長く放っておくと、あとが残る場合があるので、注意が必要です。

抗生物質のぬり薬:ニキビ菌に対し強い抗菌作用を有する、ダラシンTゲルやアクアチムをぬって頂きます。ダラシンはゲル状、アクアチムはクリームとローションがあります。

ケミカルピーリング:ピーリングはコメドだけではなく、赤色のにきびにも効果がある治療法です。(自由診療)

ビタミンB2, B6内服:皮脂の分泌を抑えます。

(3)色素沈着やにきびあと(瘢痕:はんこん)

ビタミンCイオン導入:繰り返し行うことで、色素沈着やしみが薄くなります。(自由診療)

ケミカルピーリング:トリクロロ酢酸のスポットピーリングでコラーゲンの再生を促し、にきび瘢痕を改善させます。(自由診療)

ビタミンC内服:にきびあとに生じる色素沈着を改善させます。

→ニキビの治療や、ニキビ跡についてもっと詳しく

にきびの日常のケア

(1)洗顔とにきび

蒸しタオル(電子レンジが簡単)で毛穴を開き、石鹸を泡立てて皮脂や化粧を落として下さい。
石鹸が残らないように、丁寧にすすぎましょう。
頻回に洗顔すると、皮膚のバリア機能が低下するので、1日2回まで。
コメドは汚れではなく、皮脂と角質なので、強くこすっても取れません。こすりすぎると、しみの原因になるので注意して下さい。
石鹸はフルーツ酸入りのものを使うと、古い角質を除去する効果が加わります。(サンソリッドのスキンピールバーを当院で購入できるよう用意してあります)

(2)化粧品とにきび

油分の多い乳液やリキッドファンデーションはにきびを悪化させます。
押して痛みを感じるにきびにはファンデーションを付けないで下さい。他の場所はOK
日焼け止めは色素沈着やしみを防ぐので、毎朝使うようにして下さい。
ニキビ専用の化粧品を探している方はご相談下さい(アクセーヌなど)。

(3)髪の毛とにきび

髪の毛が皮膚に触れるとにきびができやすくなるので、アップにするのがベター。
顔を手で触るのも悪化因子です(特にあご)。さわる癖を注意してもらいましょう。

(4)食事とにきび

油っぽいもの、甘いものなどの食べ過ぎに気をつけてください。
ひどい便秘があるときはご相談下さい。

〈コラム:ケミカルピーリングとにきび〉

皮膚にフルーツ酸を塗布することで、古い角質を取り除き、にきびを改善する治療法です。毛穴で増えているニキビ菌やよごれ、黒ずみもとかします。したがって、今できているにきびを治したり、にきびを出来にくくする効果があります。
白崎医院では主にグリコール酸、サリチル酸を用いて行っています。グリコール酸ピーリングは皮膚が乾燥することが多いので、脂漏肌の人にお勧めしています。大人のにきびに多い乾燥肌の人はサリチル酸ピーリングが有効です。
ピーリング後も化粧は可能です。保湿をしっかりして、日焼け止めを使うようにして下さい。
ピーリング後は一時的に肌が赤くなりますが、通常1、2日で治まります。かさぶたが出来る場合がありますが、 自然に取れるまで無理にはがさないようにして下さい。
“にきびあと”が気になる場合は、その部分に効果の強いトリクロロ酢酸ピーリングを行うと有効な場合があります。ただし、効果が強い分、副反応も強く、通常かさぶたが付き、赤みが数日残ります。
ケミカルピーリングは、2~4週間に1回の割合で行うと効果的です。個人差やお肌の状態によって変わりますが、3~4回目から効果が現れてきます。
ケミカルピーリングは予約制です。ピーリング前に一度受診して頂き、にきびの状態や肌質などの診察を行います。
ケミカルピーリングは自由診療となります。健康保険は使えません。

→にきびの治療や、にきび跡についてもっと詳しく
乾癬、掌蹠膿疱症
あざ、白斑

健診、予防接種

子供皮ふ科相談室


Google+

LINE