あざ(痣)

あざ(痣)はこんな病気です

幼少時に気付く皮膚の色や形の変化です。メラニン色素が多いと黒、茶、青アザに、血管がふえていると赤アザになります。表皮母斑や脂腺母斑のようにイボ状に盛り上がるアザもあります。アザが多数ある場合は、内臓にも症状がないか調べる場合もあります。太田母斑のように思春期頃に遅れて出てくるアザもあります。

あざ(痣)の治療法

レーザー治療

平らで色が気になる場合に用います。黒、茶、青はQスイッチレーザーを、赤アザはダイレーザーを用います。多くのアザは保険適応です(3割負担で7,000〜10,000円程)。アザは1回の治療で薄くはなりますが、完全には消えません。5〜10程度繰り返し治療を行う必要があります。

冷凍凝固術

盛り上がったアザに用います。表皮母斑のように、皮膚の表面だけが盛り上がっている場合は液体窒素で冷凍させることで平らになります。

手術

皮膚の深いところにあるアザは手術で除去します。

あざ(痣)の日常のケア

メラニン色素が増えているアザは日焼けをしないよう注意して下さい。

あざ(痣) Q&A

Q:あざ(痣)のレーザー治療は痛くありませんか?

A:ゴムではじかれたような痛みがあります。通常は1時間前からぬり薬の麻酔薬を使い、痛みを軽減させています。

Q:子供ですが、あざ(痣)のレーザー治療はできますか?

A:0才時でも可能です。レーザーは表面から数ミリしか入らない光で、内臓などへ悪影響を及ぼすことはありません。



乾癬、掌蹠膿疱症
あざ、白斑

健診、予防接種

子供皮ふ科相談室


Google+

LINE