しみ

しみはこんな病気です

  • レーザーで良くなるシミと悪くなるシミがあります。
  • 多くの人の顔には複数の種類のシミが混在しています。
  • したがって、正しく診断し、適切な治療をおこなうことが大切です。

シミの治療については、美容皮膚科白崎医院のしみ治療ページでも詳しく説明しています。

美容皮膚科白崎医院のしみ治療ページへ

白崎医院で行うシミ(しみ)の治療法

複数のシミがある場合は、優先順位を決めて治療を行います。

くっきりとした老人性のシミはレーザー治療が有効

10円玉ぐらいまでの大きさの、平らでくっきりとしたシミです。放っておけば、盛り上がることもあります。顔以外に、手や胸、背中にも出来てきます。
年余にわたる日焼けが原因です。レーザー治療を1~3回行うと改善します。 ビタミンAのぬり薬を使う場合もあります。
家でのケアは必要に応じてハイドロキノンクリームやビタミンCの飲み薬を使います。新しいものを作らないためにも日焼け止めは使うようにして下さい。

ぼんやりとしたシミ肝斑(かんぱん)は飲み薬とイオン導入で改善

両方のほっぺたを中心に出てくるぼんやりとしたシミで、夏に濃くなり冬は薄くなります。原因は、はっきりわかっていませんが、女性ホルモンやこする刺激の影響が考えられています。
治療法についてですが、レーザー治療はむしろ肝斑を悪化させます。 飲み薬とイオン導入で治療します。

盛り上がったシミ脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)は冷凍凝固法で治療

盛り上がるシミです。顔を含めて全身に出てきます。老人性のシミから盛り上がる場合と初めから盛り上がっている場合があります。
皮膚のでき物の1つです。良性です。
シミのレーザーでは取れません。小さいものは液体窒素を使った冷凍凝固法で治療します。大きなものは炭酸ガスレーザーや手術治療を行います。
家でのケアは、必要に応じてハイドロキノンクリームやビタミンCの飲み薬を使います。

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)は飲み薬やぬり薬で治療

アトピー性皮膚炎、かぶれ、にきびなどが改善した後に残るシミです。
赤いブツブツを放っておくことが原因です。すぐに治療すればシミが残りにくいので、早く治療することが大切です。
シミが出来てすぐにレーザー治療をするとむしろ悪化させることがあります。
飲み薬とぬり薬(ハイドロキノンクリーム)でゆっくりとシミが薄くなるのを待ちます。イオン導入も有効です。時間がたっても色が薄くならない場合はレーザー治療を試みます。
家でのケアは、必要に応じてハイドロキノンクリームやビタミンCの飲み薬を使います。日焼けは絶対にしないで下さい。

ソバカスは光治療やレーザー治療が有効

小学校ぐらいから出来はじめ、眼の下から鼻にひろがります。大きさは数ミリまでで小さい場合がほとんどです。
原因は女性ホルモンとの関係が考えられていますが、はっきりとした原因は不明です。色白で乾燥肌の人に出来やすい傾向にあります。
光治療でうすくなります。残ったものはレーザー治療をおこないます。
家でのケアは、必要に応じてハイドロキノンクリームやビタミンCの飲み薬を使います。日焼けは絶対にしないで下さい。

太田母斑(おおたぼはん)はレーザーで治療

元々青っぽいアザなのですが、茶色く見える場合もあります。
このアザは生まれたときからある場合と思春期から出来る場合があります。
眼の回り、鼻、頬などにできます。
レーザー治療が有効です。
家でのケアは、必要に応じてハイドロキノンクリームやビタミンCの飲み薬を使います。

しみの治療法についてもっと詳しく

しみ治療の詳細について記載します。

レーザー治療

4,650円〜(1発330円)

シミの原因のメラニンをレーザーが破壊することで効果がでます。
治療後は小さなカサブタが付くので、いったんシミが濃くなったように見えますが、このカサブタは10日程度で剥がれ落ちます。
化粧は治療後から可能ですが、治療部は決してこすらないようにしてください。
治療部はしばらくガーゼを貼っておくことが理想的です。
レーザーで悪くなるシミ(肝斑)が混じっている場合は、まず肝斑の治療を行ってからレーザー治療をおこないます。
イオン導入と併用すると効果的です。
シミの種類によっては複数回の治療が必要な場合があります。また、治療効果には個人差があります。

イオン導入

顔全体:8,400円~  部分治療:4,200円~

肌に超音波の振動を与える事で有効成分を肌の深部にまで浸透させます。
その効果は、肌にトリートメント剤を塗布しただけの場合と比べて約40~100倍も高まります。 この方法を用いてビタミンAやビタミンCをより効果的にお肌に浸透させる事ができるようになります。
イオン導入には、
1)美白作用(特にぼや~っとしたシミやくすみ)
2)皮膚のコラーゲンが増加するのでタルミやハリを保つ効果
3)ニキビ予防や赤ら顔の改善効果
4) 肌質を改善する効果
があります。
2~4週間に1回の割合で行うと効果的です。
個人差やお肌の状態によって変わりますが、3~4回目から効果が現れてきます。

※白崎医院ではオリジナルのイオン導入剤を使用しています

冷凍凝固療法

保険診療

液体窒素は液体になった窒素で-200℃の低温です。
これをごく短時間、盛り上がったシミに綿棒で接触させて治療します。
我慢できる程度ですが、痛みがあります。
凍らせることで、シミを変性させて除去します。
10日~14日後にかさぶたが取れるようにシミも取れます。
大きいものは1度で取れないので、繰り返しこの治療を行います。
治療後の皮膚が赤色や茶色になることがありますが、徐々にうすくなっていきます。

シミの治療については、美容皮膚科白崎医院のしみ治療ページでも詳しく説明しています。

美容皮膚科白崎医院のしみ治療ページへ
乾癬、掌蹠膿疱症
あざ、白斑

健診、予防接種

子供皮ふ科相談室


Google+

LINE