アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは・・・

  • アトピー性皮膚炎は乾燥肌の体質を持つ人が、湿疹を繰り返す病気で、痒みを伴います。
  • アレルギー性鼻炎、結膜炎や喘息などを合わせ持つことがあります。
  • 悪化因子を除き、薬物治療と正しいスキンケアを行うことが大切です。

アトピー性皮膚炎の治療 (1)悪化因子の除去

乾燥肌は、皮膚のバリアーが弱くなった状態なので、身の回りのものにかぶれたり、刺激を受けやすくなります。化粧品、シャンプー、リンス、金属製品、植物、毛染めなどが原因となりやすく、使っているぬり薬が合わなくなる人もいます。当院では、パッチテスト(※1)を行い、悪化因子を見つけるよう努めています。

また、乾燥肌は細菌やウイルスに対しても抵抗力が弱くなり、とびひ(伝染性膿痂疹、でんせんせいのうかしん)、水いぼ(伝染性軟属腫、でんせんせいなんぞくしゅ)、ヘルペスなどにかかりやすくなります。急に悪くなる場合が多いので、早めに受診して頂き、適切の治療をすることをお勧めします。

(※1)パッチテスト
原因物質を薄めて皮膚にはり、2日後にはずして判定する検査法です。3日後の診察が必要になる場合もあります。判定は自宅でもできますが、判定が難しい場合があるので、受診して頂くことを勧めています。

アトピー性皮膚炎の治療 (2)薬を使った治療

(1) ステロイド外用剤(ぬり薬)

湿疹の赤みと痒みを抑える薬です。強さ別に5段階に別れていて、皮膚の症状にあわせて適切な強さの薬を選びます。慣れてくれば、自分でもどの強さの薬を付ければよいかがわかってきます。

(2) ステロイド外用剤の副作用

1ヵ月程度ぬっても副作用は出ませんが、長期間継続すると、皮膚が薄くなる、皮膚の細い血管が広がり赤くみえる、毛が濃くなる、ニキビができやすくなるなどの副作用が出る場合があります。

(3) ステロイド外用剤の間違った副作用

肌が黒くなるという人がいますが、これは元々の湿疹が治った後に生じる色素沈着で(特に湿疹を長く放置した場合に色が残りやすい傾向にあります)、ステロイド外用剤が原因で生じたわけではありません。ステロイドはむしろ肌の色を白くします。また、ステロイド外用剤では副腎抑制、高血圧、糖尿病といったステロイド内服薬(飲み薬)の副作用はみられません。

(4) ステロイド外用剤の副作用を少なくするには

顔や陰部の皮膚は薄く、副作用が生じやすいので、あらかじめ弱めの薬を使用します。症状がひどいときは強めの薬を使い、良くなれば弱い薬に変更する必要があります。最初は1,2種類のぬり薬を使いますが、慣れてきたら、数種類のぬり薬を使い分けて頂くことになります。また、赤ら顔の治療などにはプロトピック軟膏(後述)も併用します。定期的に受診して頂き、適切に使用して頂ければ、副作用は限定的なものになります。

(5) プロトピック軟膏

ステロイドとは異なる機序で湿疹の赤みと痒みを抑える薬です。ステロイドのように皮膚が薄くなるという副作用はありませんが、ニキビがステロイド外用剤より出来やすい、塗り始めは刺激感があるなどの注意点があります。皮膚への浸透力は弱いので、顔や首以外には効果が少ない印象です。小児用も発売されています。

(6) 抗アレルギー剤(飲み薬)

痒みをおさえる飲み薬です。寝ている間に皮膚を掻いて、湿疹を悪くする場合が多いので、寝る前に飲んで頂きます。一部の薬は眠気の副作用があるので、運転前の服用は避けて下さい。

(7) その他

ぬり薬によりニキビが出来やすくなった場合は、ニキビを抑える抗生剤(化膿止め)を使用します。漢方薬やビタミン剤を希望される場合は相談下さい。アレルギーを抑える注射をして頂く場合もあります。

アトピー性皮膚炎の治療(3):スキンケア

乾燥肌をひどくしないようにすることが目的です。長風呂、フロでゴシゴシこする、プール、電気毛布、床暖房などは乾燥肌を悪化させます。
保湿剤(ヒルドイドソフトやローションなど)をフロ上がりにぬると効果的です。女性の場合、顔にも化粧品(※2)の保湿クリームをつけるようにします。痒みを伴う場合は保湿剤では改善しないので、弱いステロイド外用剤を組み合わせることが必要です。

(※2)化粧品について
顔の湿疹がひどい時はポイントメークを勧めますが、それ以外はご自分にあった化粧品であれば、化粧をしていただいても構いません。自分に合う化粧品がわからない場合は、診察時にご相談下さい。

当院では副作用を出さない工夫をしながら、ステロイド外用剤を主体とした治療をアトピー性皮膚炎に対し行っています。どうしてもステロイド外用剤の使用に抵抗感がある場合は診察時にお知らせ下さい。相談しながら、治療方針を決めていきましょう。

アトピー性皮膚炎の治療には、この病気を正しく理解することも大変重要です。当院では、以下の本を無料で貸し出しています。必要な場合は、診察時にお申し出下さい。

  • 決定版 専門医がやさしく語るアトピー性皮膚炎(暮らしの手帖社、2002)
  • 間違いだらけのアトピー治療(新潮新書、2005)

アトピー性皮膚炎の治療 Q&A

Q:アトピー性皮膚炎は一生治らない病気でしょうか。

A:むしろ自然に良くなる病気です。
金沢大学皮膚科では約千人のアトピー性皮膚炎の患者さんを診察していますが、40歳以上の方は10人以下です。実際に、ほとんどの患者さんは、中学生までに良くなります。思春期に再発したり、新たに発症したりすることもありますが、30歳ごろまでには治ります。
ただし、数ヶ月で治る病気ではないので、しばらくの間は、ぬり薬を根気よくつけながら、病気と付き合っていく必要はあります。

Q:アトピー性皮膚炎は表面だけ治しても意味がなく、根本から治す(体質改善する)必要があるのでしょうか

A:皮膚の表面の湿疹を対症的に治すことが最良の治療法です。
体質とは、遺伝子によって生まれつき規定されている体の性質で、これを漢方薬や健康食品、温泉治療で改善することは出来ません。例えば、太りやすい体質は治せませんが、食事に注意し、運動をすれば太らなくすることはできます。アトピー性皮膚炎でも、湿疹が出来やすい肌質は変わりませんが、生活指導や塗り薬で湿疹が起こりにくくすることはできるのです。
アトピー性皮膚炎は、時期が来れば自然に治る病気です。民間療法でよくなったというのは、その治療法がよかったわけではなく、自然に治ったということです。 


 

乾癬、掌蹠膿疱症
あざ、白斑

健診、予防接種

子供皮ふ科相談室


Google+

LINE