イボ(尋常性疣贅、じんじょうせいゆうぜい)

イボ(尋常性疣贅、じんじょうせいゆうぜい)とは・・・

  • イボウイルスによる病気で、子供に多い感染症です。
  • イボを触ると他の場所や他人にもイボがうつることがあります。
  • ウオノメに似ていますが、黒い点々がみえるのが特徴です。
  • 足の裏や爪の周りのイボは、他の場所に比べて治りにくい傾向にあります。

イボ(尋常性疣贅、じんじょうせいゆうぜい)の治療

凍結療法

液体窒素を含ませた綿球をイボに当てて、イボを凍結させる方法です。1週間後に再診して頂き、黒くなったイボを削り取ります。最も効果のある治療法ですが、足底では3~8回程繰り返す必要があります。痛みが伴うのも欠点です。

★ 凍結療法で治らない、凍結療法が痛くて我慢出来ない場合(痛みの少ないイボの治療法)
年齢や症状を考えて、以下の方法を組み合わせて治療します。

サリチル酸絆創膏

サリチル酸絆創膏を数日間はり、イボを柔らかくさせてから削ります。

モノクロロ酢酸

爪楊枝を用いてイボにつけて乾かします。1週間後の再診時に固くなった所を削ることを繰り返します。痛みは少なく、爪の周りでも使いやすいのが特徴ですが、まれにケロイド様になる場合があります。

グルタールアルデヒド

家で1日1~2回イボに綿棒でつけてもらいます。イボが茶色く固くなってくるので、それを再診時に削ります。元々消毒薬ですが、濃度が濃いので家での取り扱いには十分な注意が必要です。

切除術、電気凝固術

イボが1,2個の場合に行います。イボの周りに麻酔薬を注射した後にハサミでイボを除去します。傷が治るのに2週間程かかるので、その間処置が必要です。うまくいけば早く治りますが、再発することもあり得ます。

ヨクイニン

イボに効果があると言われている飲み薬です。上記の治療と組み合わせ使用しますが、1か月飲んでも効果がない場合は中止します。


上記以外にもいくつかの工夫があるので、治りにくいイボがある場合は、診察時にご相談下さい。痛みのためにイボの治療を躊躇している場合は、なるべく痛みの少ない方法で治療出来るように工夫をしています。
お子さんとその親にとってためになる皮ふの情報をLINEを通じてお伝えします。
乾癬、掌蹠膿疱症
あざ、白斑

健診、予防接種

子供皮ふ科相談室


Google+

LINE